きれいな音でひきましょう♪  ピアノレッスンは 想像力・創造力、そして、やり抜く力を育てます♪

翼を広げて!

   f:id:yokoimapleiades:20210327083709j:plain

       レッスン室の窓から。花壇のプロファッションの花が咲き始めました!

 

 3月は別れの季節ですね。

今年、中学3年生になるピアノ大好き男子くんは、4月から本格的に塾へ通い受験体制に入るとのことで、ピアノレッスンをやめることになりました。

先週の最後のレッスンでは、彼の大好きな「SUMMER」(久石譲 作曲)を最後に弾いてもらいました。レッスンでは取り上げていない曲ですが、自分で楽譜を手に入れて弾いていたようです。

 幼稚園の年長さんの時からこれまで9年に渡って、本当に真面目に一生懸命ピアノに取り組み、自分の力で好きな曲を弾きこなせるまでになったことは、本当に嬉しいことです。好きな曲には思い入れがあり、演奏も生き生きとして、ピアノが良く鳴り響いていました。聴いていた私は少しうるっとしてしまいました。

 

 本番に強く、アドリブも効き(笑)ピアノステップでも常に好成績をあげ、中学1年生では合唱コンクールの伴奏者にも選ばれました。

 小さい頃からお話好きで、レッスンの後のちょっとした時間に色々なお話をしてくれて、私もいろいろ学びました!

部活の卓球のお話も熱く語ってくれました。

様々な場面が走馬灯のごとく蘇ります。

 

 ピアノを教えていて、私の役割は何だろうか?と思う時がありますが、それは生徒さんたちに「自分で自由に飛べる翼」をつけてあげる、ということです。

 彼は立派な翼をつけてくれました。これから受験勉強で疲れた時もピアノの蓋をあけて好きな曲を奏でてほしいものです。そしてピアノはこれから先、長い人生の良きパートナーになることでしょう。

 

 お母様からも最後に、「中学まで続けて本当に良かった!」とお礼の言葉を伝えて頂きました。

 中学まで続ける生徒さんが少ない中、貴重な存在でしたので少し淋しいのは事実ですが、私も何か清々しい気分です。

 

 ピアノの先生をしていて良かった!と思う生徒さんとのお別れ(旅立ち)でした。

大きく大きく翼を広げて飛んでください。ピアノ演奏も人生も!!