きれいな音でひきましょう♪  ピアノレッスンは 想像力・創造力、そして、やり抜く力を育てます♪

お帰りなさい!

f:id:yokoimapleiades:20140304113227j:plain

 

おかえりなさい!

おめでとう!!

 

昨年夏からお休みしていた生徒さんが、中学受験を終えてレッスンに帰ってきました。

志望校に見事合格したとのこと。

ピアノが大好きで、ずっと進学塾と両立していましたが、半年はラストスパートをかけたい、勉強に集中したいとのことで、お休みをしていました。

 

ずっとピアノが弾きたかったらしく、中学入学の前にレッスン再開です。

さっそく弾きたかった曲にチャレンジです。ハノンや練習曲などの基礎練習も大切なメニューですから、きちんと取り組みましょう。

 

 

さて、小さい頃から一生懸命ピアノのレッスンに通って、やっと曲らしい曲が弾けるようになってきて、これからもっと素敵な曲やカッコイイ曲が弾けるようになる、小学校高学年や中学生になって、突然やめてしまう生徒さんも少なくありません。

勉強や部活が忙しくなるので…という理由が圧倒的に多いのですが、「えっ?そんな理由でやめてしまうの~?」というのが私の本音(笑)

 

そんな中で、ますますピアノの魅力を知ってずっと続けたいという生徒さんも。

続けることが出来る生徒さんは、とにかく好きな曲や将来弾けるようになりたい曲を何曲か持っています。練習に対して自発的です。そして音楽を沢山聴いています。

中学生になると確かに忙しいですよね。これまでのように沢山の課題はこなせませんし、発表会やステップへの参加も強制しません。指導者としても工夫や状況を把握するなど、生徒さんへの理解も必要になりますが、その都度話し合ってレッスンメニューを決めています。

たとえ趣味で、ゆるやかに進んでいっても、高校生まで続ければ、かなり本格的に弾けるようになる生徒さんもいます。

また、教員や保育士さんになりたい場合、ピアノは必修ですので、「やっていてよかった!」という声も聞きます。

 

「中学生になったらやめる」と決めてしまわずに、一度ご相談ください。続ける方法はあります。練習時間は作れば必ずあります。一日を26時間にしたい!と、現役の高校生がよく私に話していますが、魔法、あります!

実質26時間にしてしまいましょう!!

 

とはいえ、生徒さんの人生は生徒さんのもの。

私としては、やめてしまうのはもったいないなー、と思うことも多々ありますが、仕方がないことでもあります...

人生は選択の連続です。悔いのない日々を!