きれいな音でひきましょう♪  ピアノレッスンは 想像力・創造力、そして、やり抜く力を育てます♪

期待過剰は・・・

 

     f:id:yokoimapleiades:20160910135006j:plain

 

親は子に期待する。

先生も生徒に期待する。

これ、当たり前のことですが、実は危ない・・・

特に幼児期に周囲が期待過剰になると、子供はそこから逃れようとします。

 

このところ真剣に思う・・・

みんな、何を求めてピアノレッスンに通ってくるのだろうか?

 

楽しんでいないな。親と子で・・・

もっと音楽を楽しんでいれば、「練習」なんていう義務を課さなくても、こどもは勝手にピアノと遊び、遊びの中から学んでいくはず。

 

「先生、うちの子(4歳)ピアノをめちゃくちゃに弾くんですよ。」「ちゃんと、楽譜通りに弾くのはちょっとだけ。」

そんなお母様の言葉に私はこう答えました。

「即興演奏の第一歩!すばらしいです。」「そうやっているうちに、だんだんピアノというものが、どういうものなのか?ということが分かってきますよ。」

「どんどん遊ばせてくださいねー」

 

時折、レッスン終了後、「先生が連絡ノート書いている間、ピアノを好きに弾いていいわよ!」と言うと、知っている歌のメロディーなどを、教えてもいないのに「探り弾き」で弾く子がいますが、とても楽しそうです。そんな時私は、横で即興の伴奏をつけてあげます。すると、次の週は、一人で伴奏を付けようとしています。

これこそ、ピアノ・音楽を楽しむ第一歩なのです。

 

教則本が早く進んでほしい、という親御さんの気持ちもわかりますが、幼児期は特に楽しんでいるか否かが重要です。

 

お子さんに「練習」を強要する前に、親御さんも一緒に歌ったり、踊ったり、子供さんが小さいうちだけの貴重な時間を楽しんでくださいね。