読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
きれいな音でひきましょう♪  ピアノレッスンは 想像力・創造力、そして、やり抜く力を育てます♪

感じて、感じて~!

          f:id:yokoimapleiades:20150617101251j:plain

連弾曲を一人で譜読みする時は、出来る限り相手のパートも一緒に弾いてみる。

って、不可能ですが・・・

でも受け取ったり、渡したりするメロディや和声を感じて、感じて、感じて~~~!

 

この曲の冒頭は、管弦楽バージョンではメロディはフルート、アルペジョの伴奏はハープで奏されます。

ピアノはオーケストラの様々な楽器の音域をすべてカヴァーできるので、楽器を置き換えてイメージすることも、色彩感あふれる演奏をするためには大切です。

 

日頃から、オーケストラの曲も聴いておくと良いですね!

私も再度、この曲を勉強中。というより、楽しんでます!

 

   今年のPTNAピアノコンペティション連弾部門上級課題曲より

   ドビュッシー作曲 小組曲より「小舟にて」冒頭部

  f:id:yokoimapleiades:20150618115959j:plain