読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
きれいな音でひきましょう♪  ピアノレッスンは 想像力・創造力、そして、やり抜く力を育てます♪

教室だより アナログ版

教室だより

 8月に入りました。 蒸し暑い日が続いていますが皆さんお元気ですか?

今日は、季刊のピアノ教室だより(紙の)を作りました。

大変お待たせしましたが、来週のレッスン時にお渡します。

ピアノ教室では生徒さんの年齢がまちまちなので、いろいろなタイプの記事を載せるようにしています。小さいお子さんにはお家の方が一緒に読んであげてくださいね。

f:id:yokoimapleiades:20140802223749j:plain

 ところで、教室だよりの名前「フォリオ」にまつわるお話を少ししてみたいと思います。「フォリオ」とは英語で「一葉」という意味ですが、転じて「二つ折」という意味で使われます。紙がなかった時代、手紙は木の葉に書いていたんですよ。今でも「葉書」という言葉にその名残を感じますね。

作曲家、吉松隆さんの曲に「ピアノフォリオ」というピアノ曲があります。これはA4版3ページの短い曲ですが、どうやら大切な人に宛てた音符でのお手紙のようです。ロマンティックですよね。

 

 教室だよりは見開き2ページです。(表・裏表紙を含めると4ページ)生徒さんと一緒に作っていくことが理想です。お便り、イラスト、詩などを募集していますのでお気軽にお声かけください。

 f:id:yokoimapleiades:20140802231150j:plain