読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
きれいな音でひきましょう♪  ピアノレッスンは 想像力・創造力、そして、やり抜く力を育てます♪

朝のメニューはバッハ!

 今年に入って、集中力が戻ってきた。いわゆる「更年期」という障害からか、過去数年間いつもと違う自分と闘ってきた気がする。それが、まるでウソだったかのように身も心も快調になってきた。

ピアノももちろん弾いてはいた。しかし、何か重苦しい自分の心身と対話しながらのものだった。

けれども自分にはピアノがあったからこそ、やり過ごしてこられたのだとも思う。

ピアノを弾く気持ちに本当の「スイッチ」が入った。4月から15分間の「朝練」も始めた。20代にOLをしていた時以来のこと。いくら部屋を防音にしたからと言って、朝からペダルをふんだんに使用する曲を弾くわけにはいかない。しかし、バッハの曲ならペダルなしで弾ける。インベンションからやり直している。

 思えば私は、中高生の生徒さんに「朝練」を勧めている。中高生になると塾や部活でピアノの練習時間は極端に減ってしまう。レッスンを続けるためには工夫が必要だ。時間管理が上手く出来る生徒さんは、すべて順調に歯車が回転しているように思う。私も、そんな頑張り屋の生徒さんたちにあやかりたい、と思う。

 クラシックのピアノ曲は、一生かかっても弾ききれない膨大な数。その中には私の手の大きさでは到底弾けない難曲も多数ある。それでも手の内に入りそうな曲の中で、どうしても弾きたい曲というのが何曲もあり、これから少しずつ取り組んでいきたい、と思っている。

 しか~し、現実は体力・集中力との闘い。親の介護問題も現実となってきた。それでも、いいえ、だからこそ今、ピアノを弾こうと思う。

 今日も朝食前にバッハを弾いた。ごはんが美味しい!

 

 

⇩インベンションの楽譜。原典版のほか沢山の校訂版があります。

 f:id:yokoimapleiades:20140718141321j:plain